坂道との差 | 介護を必要とする人が毎日の生活をより豊かにする為には

介護を必要とする人が毎日の生活をより豊かにする為には

患者と医者

坂道との差

スロープの大変さ

段差解消機を利用せずとも、数センチ程度の段差ならば、スロープで問題ありません。
しかし、段差がある程度大きくなってくるとスロープで登ろうと考えた場合、非常に大きな苦労を伴うようになります。
また、バリアフリー法では、スロープに関する規定などもあるため、そうした基準を満たしたスロープにしようと考えた場合、何十メートルといった非常に長いスロープになってしまうこともあるのです。
そうしたスロープを作るスペースがある場合には、大きな問題にはなりませんが、そうでない場合には、問題が発生してしまうのです。
ですが、段差解消機を活用すれば、そうした長いスペースを確保することなく、非常に小さなスペースで大きな段差も簡単に越える事が出来るようになっているのです。
また、スロープを登る場合には、平地を車いすで移動する場合に比べて、体力の消費は大きくなります。緩やかな傾斜でも、その距離が長くなれば長くなるほど、体力の消費は大きくなるため、車いすのお年寄りにとってはスロープでさえも非常に困難に思えてしまうのです。
しかし、段差解消機を活用すれば、そうした労力も一切必要ありません。
段差解消機があれば、全て自動で、段差を残り得る事が出来るようになるのです。気軽に段差を行き来する事が出来るようになることで、車いすでも色々な場所にいけるようになるため、家にこもりっきりといったような事にならず、健康的な毎日を送る事が出来るようになります。

Copyright© 2015 介護を必要とする人が毎日の生活をより豊かにする為には All Rights Reserved.